医療センター高知県・高知市病院企業団議会

本日は病院企業団議会が開催されました。議題は経営中期計画案についてです。

昨日の危機管理文化厚生委員会では県立病院の経営状況について質疑が行われたわけですが、そこでは目下の課題として収益の改善が掲げられていました。医師不足が一定解消されれば、収益も改善されるとの見通しですがそこには次のような課題が隠れていると思われます。

まず、中央と東西それぞれの医療圏が確立されること、そのことは急性期医療への対応など助かるべき命が助かるなど素晴らしいことですから実現されなければなりません。しかし公営病院経営全体で見た場合、総人口に対する病人や怪我人の数、つまり医療ニーズはほぼ一定割合のはずです。さらには今後の人口減少を考慮すれば病院にかかる必要のある高齢者の数が増えるとしても、患者数全体でいえばその数は微減がよいところでしょう。とすればやはり将来人口減、年齢構成などの定量的データも考慮に入れた長期経営計画といったものも必要になると思われます。医師数や設備規模もこれれを参考に計画されなければなりません。さらには、政府の在宅介護方針が打ち出され、県下では病棟を増やしている民間総合病院、公立病院を辞めて自立した開業医も存在するわけですから、これらを考慮せずに医師不足を声高に叫び予算をつぎ込んでも実効性に欠けるものになると思われます。

今日の議会では、上記に触れて、これらを考慮した経営計画を策定するようにと意見をいたしました。県の医療政策にも反映されるよう、県議会でもしっかり訴えてまいります。

 

さて、その議会も予想より早く終わりましたので、お昼を五台山のカフェでいただきました。
下の写真は展望台手前で撮った写真です。写真

 

takazumi について

前高知県議会議員(高知市選挙区) 誕生日: 昭和56年5月14日 出生地: 吾川郡旧吾北村
カテゴリー: 公務 タグ: , パーマリンク