歯磨き道

私は小学校の折に歯の矯正治療を受けた。
犬歯2本が生え変わらずに門歯2本の根っこを侵食していたようで、やっていなければ今頃前歯はなくなっていたのかもしれない。複雑な手術と長期にわたる治療ということで親にも金銭的負担を大きくかけてしまったなと申し訳なく思ったものだ。

さて、そういうこともあって歯を大切にしようという思いは人一倍強いような気がする。中学校の寮生仲間は知っているはずだが、かつては20分くらいかけて磨いていた。いまでも定期的にクリーニングに行き、日々の歯磨きでは効率よく綺麗にする方法を常に思案中である。

音波歯ブラシ等いろいろと試してきたが、最後は普通の歯ブラシとフロスに落ち着いてしまった。音波歯ブラシはよく歯垢が落ちるのだが、落ちるがゆえに油断が生じてしまうように思う。自分でも信じがたいが、油断のために奥歯の溝に虫歯を作ってしまった。痛恨の極み。
それから音波歯ブラシと従来の歯ブラシを併用するようになって、だったら最初から従来の歯ブラシだけでいいじゃないかといまの歯磨きスタイルに至るのである。歯ブラシもいろいろと変遷があって、かつては一般的な市販品を使っていた。しかし矯正治療をはじめてから、歯医者のすすめでヘッドが小さく毛も微細なものを使うようになった。たしかデントEXシステマ44Mとかそのあたりだったように思う。歯科用のため昔はいきつけの歯医者でしか手に入らなかった。その後も何種類か浮気を繰り返しながら、ついに市販品でこれは!というものを見つけた。デンターシステマ A41である。リンク先のレビューをいましがた読んでびっくりしたが、まったく同じことを考える人がいるではないか。44Mに負けるとも劣らない性能、さらには市販品ときた。この歯ブラシを使うようになってから、歯と歯茎の間がよく磨けるようになったと感じる。歯周病のチェックをすれば、かつては3-4mmのポケットがあったが、いまでは2mmになった。快哉。

さて、フロスとの出会いについても触れておこう。私が子供の頃、糸ようじなどは歯医者でなければ手に入れられなかったし、まわりで使っている人もまずいなかったように思う。使ってみるとその効果の大きさに感心させられる反面、手を口の中に入れて糸ようじを通す作業が大変煩雑なので自然と出番は限られてくる。持ち手のついた使い捨て糸ようじも販売されるようになってはいるが、それでは奥歯の間はどうするのだ!とメーカーに問い合わせたくなる。そこでなにか他に良いものはないかとネットサーフィンをしていたところ、ネット通販でフロスというものに出会った。たしか大学生の頃だったと思う。このフロスとの出会いが私の歯磨きライフを大きく変えた。どう変わるかはみなさんも使ってみて追体験していただきたい。フロスのない歯磨き生活はもはや考えられない、そう思う日がくるはずだ。ちなみにこのフロスタイプ、ドラッグストアには置いていないのである・・・

takazumi について

前高知県議会議員(高知市選挙区) 誕生日: 昭和56年5月14日 出生地: 吾川郡旧吾北村
カテゴリー: 思索 タグ: , パーマリンク