マイク納めを終えて

先程マイク納めを終えました。

9日間、県民の皆様には大変お騒がせをいたしました。
また、お支えくださった後援会の皆様、事務所スタッフの皆様、誠にありがとうございました。

新元号『令和』には、『人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている』との説明がありました。

人と人が手と手を取り合い、互いに思いやり美しく助け合う。これを日本の伝統的精神『和』と言うのだろうと思います。あらゆる時代で和が紡がれ、歴史を織り成し、この中で文化や伝統が生まれ育つ。その積み重ねの上に立つものが、私達の社会であり、私達に息づく日本人の心です。

お陰様で今日の私達がある。そう痛感するからこそ私は、先人から預かったこのバトンを、次代にきちんとつなぐ仕事をぜひともさせていただきたい。

まずは明日の投開票の高知県議会議員選挙に勝利しなければなりません。勝利して世のため人のために大いに仕事に励みたいと思います。。

そのためにもどうか、一票の支援の輪をお拡げいただきますようお願い申し上げます。

takazumi1981@gmail.com

カテゴリー: 思索, 政治 タグ: , , , , パーマリンク