選挙戦を終えて

平常時ではとても考えられないほどの沢山の方がアクセスくださっているようです。たいへんお待たせをしました。

ご支援下さいました皆様、誠にありがとうございました。
大変残念ながら私の不徳の致すところによりご期待に応えることができませんでしたことを心からお詫び申し上げます。

この4年間、初心を忘れることなく、主義主張を曲げることなく、言うべきことを言い、また一片の後悔もすることなく県政活動に励んでまいりました。このようなことが叶いましたのも、支援者の方々の厚い理解と協力の賜物と誠に感謝申し上げます。

しかし今回の落選は、多くの県民が期待するところには十分に応えられていなかった結果ですので、同様に活動を続ける際には、更なる刻苦勉励が必要であると厳粛に受け止めております。

今後の展開については天意にお任せするとして、とりあえずはお世話になった方々に対して、義理を欠くことのないよう努めて参りたいと思います。

高知県議会も若返りを果たしました。各位が県勢浮揚に向けてご活躍されますことを心より祈念申し上げます。

今後も時折、今まで同様に時事ネタへのコメントや思いついたことを書き残して参りますので、時々当サイトを訪れて頂ければ幸甚です。

 

さて、自分の話もそこそこに、今回の投票率の低下について触れたいと思います。今回の選挙では、新人候補者が多かったことや、お祭りのような選挙活動(今思えば候補者たちの内輪の盛り上がり)であったことから、投票率は多少上向くのではないかと予想しておりました。しかし、予想外にも下落してしまったということは、多少の新陳代謝はあるにせよ、選挙に行く層はほぼ固まってしまっているということだと思います。人口の自然減・社会減が進む中で選挙に行く層が減って、更に投票率が低下するのだとすれば、益々と盤石な組織(かといって業界票ではない)を作ることが重要になってくるのでしょうか、落下傘とか新人だとかそういう奇天烈要素の影響力は相対的に低下しているように感じます。裏切らない組織作りの秘訣といえば・・・。

投票に行かない人はどういう動機によるのか。政治がよくわからないとか、誰に入れても変わらないなどいろいろ考え方はあろうかと思います。今日、私の事務所を数学者・岡潔先生を大変敬愛されていらっしゃる方が訪ねてくださいました。岡潔先生によると、最近の有権者は自分のために一票を投じるものと考えるのだからダメなのだとおっしゃったそうです。有権者には世のため人のために一票を投じるのだという気概が求められるとういことでしょうか。政治家が襟を正すのはもちろんのこと、たしかにそういう姿勢の有権者が増えれば、政治の質も変わるかもしれませんね。

カテゴリー: 思索, 政務 | タグ: , | 選挙戦を終えて はコメントを受け付けていません。

和歌

何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる 西行法師

よもの海みなはらからと思ふ世になど波風のたちさわぐらむ 明治天皇

一つ目の歌は、西行法師が伊勢神宮を参拝した時に詠んだ歌です。特に難しい言い回しもありませんので、意味はおわかりになるかと思います。しかし歌の詠んだ情景、つまり西行法師の感動を追体験するためには、伊勢神宮に行った経験はもちろんのこと、多少なりとも伊勢神宮や神道、日本の歴史・文化について把握していなければなりません。

二つ目の歌は、明治天皇が日露戦争の折に詠まれ、昭和天皇が対米戦争決定の御前会議で奉唱されました。いわゆる御製と呼ばれるものです。「よも」とは「四方」のこと、「はらから」とは「兄弟」のことです。一つ目と同様に、なぜ日露戦争をしなければならなかったのか、もっと言うならばなぜ日本は近代化しなければならなかったのか、天皇・皇室とはなどについての理解が不可欠です。

どちらも私の好きな心に沁みる和歌です。

私は国語が苦手でして、子供の頃から和歌や詩というものをあまり理解しようとしていませんでした。古今和歌集などの古い作品が教科書に掲載されていれば、ああ、いつの時代にも風流なひとはいたもんだなぁと思った程度のことです。

しかし、いろいろ経験し勉強を重ね、実際に歌を詠むなどの経験を積むと見えてくるものがあります。歌を読むときには、心から余計な装飾をそぎ落とし、その時感じたもの、素直な感情をそのままに歌に詠みあげなければなりません。かっこ良くいい回そうなどとすると、絶対によいものには仕上がりません。まして相手の心に伝わるようなものにはならないでしょう。逆に言えば、きちんとルールを踏まえてこころのままに詠むことができたならば、わずか31字の文字であっても、自身の心象風景を相手にきちんと伝えることができます。私はここに日本語の、言霊の凄さを感じずにはいられません。さらに言えば、おおよそだれでも、31字の文字から詠手の言わんとする事を汲み取ることのできる日本人の文化的同質性?素養?にも感動いたします。

ことほどさようですので、子供のころに和歌を堪能できなかった理由は、国語云々だけが理由ではなく、教育において和歌が受験のための道具としてしか教えられなかったことも深く影響しているのではないかと思います。もう少し詳細な歴史や文化についての説明があって、さらには四季折々の感動に触れるなどの経験を重ねる機会があれば違ったのかなと。学校での和歌の取扱いにはもっと工夫の余地がありますね。

さらに、この和歌を詠む練習を重ねたならば、人格形成にも良い影響を与えるものと考えます。なぜならば、素晴らしい和歌が詠めるようになるということは、他者に想いをきちんと伝えられるようになるということですし、同時に相手の想いや心を汲むことのできる素地が整ったものと考えられるからです。

つい最近和歌の良さがわかるようになってきたにわか者が偉そうなことを長々と書いてしまいました。しかし、他者をきちんと思い遣ることのできる人が増えて、例えばいじめなどが減るならば良いではありませんか。これを機会に和歌の素晴らしさについて、頭の整理をしてみようかと思います。

カテゴリー: 思索 | タグ: | 和歌 はコメントを受け付けていません。

出陣式

今朝は土佐神社前にて出陣式を行いました。
雨の降りしきる中、たくさんの方にお越しいただきましたこと心から御礼申し上げます。

土佐神社は社殿が十文字のかたちをしておりまして、一般に入蜻蛉様式と呼ばれています。蜻蛉は古来より勝ち虫とされており、武士は縁起物として武具や陣羽織に意匠として取り入れていたそうです。現社殿を創建された長宗我部元親公は、凱旋報告の社として位置づけたと言われています。したがいまして、厳密には勝利後に足を運ぶべきところなのかもしれませんが、勝負前に神社の中ではなく神社前での出陣式ということで神様にはご容赦賜りたいと思います。

さて、今朝は大雨でしたから、こんなんで出陣式になるのかなと不安でありました。応援弁士もまもなく会場を後にしなければならないということで、それじゃあ思い切ってやるかとマイクを手にしたころ、突然に雨が降り止んだのでありました。その幕間に出陣式を終えますと、待っていましたとばかりに雨が再び降り始めたからあら不思議、天佑神助と言うにふさわしいかな。

兎も角も今日から9日間、各地でお騒がせをいたします。
細かな政策はさておき、世のため人のため頑張ります。
そしてそういう志を持った方々を育み、輪を広げるべくお訴えをさせていただきます。
志あるものが集い力を合わせれば、我々の抱える課題は自ずと解決されるのです。
とどのつまり、全ては人の問題なのですから。

どうかひとつ温かい心で、西内たかずみ頑張れよと、手を振っていただければ幸甚です。

カテゴリー: 思索, 政務 | タグ: , | 出陣式 はコメントを受け付けていません。

護国神社-春季大祭

私の恒例行事がやってまいりました。護国神社春季大祭への参加です。
「わたしの」などと書いてしまいましたが、限定する方がむしろおかしい。公職にある方は当然として、できるだけ多くの県民にご参加いただきたいと切にお願い申し上げます。

今年で戦後70年になりますが、遺族会のみなさまも高齢化がすすみ、世代はすでに子や孫にうつっているそうです。世代がかわればどうしても感心が遠のいてしまい、遺族会の数は減少するばかり。護国神社は遺族会のメンバーを中心とした崇敬神社でありますから、資金面で大変ご苦労されているようにお伺いしております。日本を守るために散華された英霊の御霊を祀る本神社が、存続できなくなるようなことはあってはなりません。他県には護国神社奉賛を目的とした公益財団法人を設立しているところもあるとのことですから、目下の課題を片付けましたら、これらを参考に打開策を考えてみたいと思います。

DSC_0074 DSC_0076

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の春季大祭は例年にない厳粛さがあったように思います。司会の新川さんのがんばりをはじめとして、別役宮司の素晴らしい祝詞奏上。耳を傾けているうちに、若くして命を落とされた方々への哀悼、彼らの遺志を十分に継ぐことができていないことへの申し訳無さなど、様々な思いが去来し、気がつけば磬折(けいせつ)の最中に床に涙をこぼしていたのでありました。しかし普段と何かが違うという感覚、きっと私以外にも共有されていらっしゃる方がいたと思います。献幣使の祭文奏上は、言葉と言葉の間の絶妙な加減によって、私の耳を捉えて離しません。言霊の力に魅せられたとでも言うべきでしょうか。市長代理の副市長の追悼の辞も、後半感極まって言葉にかすかな震えがあったように思います。さらに祭典中は、拝殿のあまりの静謐さゆえに、山の下を走る車の音が騒々しく聞こえたほどです。
なんと形容すればよいか、英霊を追悼するにふさわしく、場が整っている感じがしたと言うのが適当か。

祭典を一通り終えると、まるで申し合わせたかのように雨が降り始めました。雨に打たれて舞い散る桜も美しく、参列くださった方々に応えているかのようでした。大東亜戦争敗戦から70年の節目ということも心情に影響を及ぼしているのかもしれませんね・・・

今春も本祭典に参列させていただき、つつがなく終えることができましたことを大変嬉しく思います。国のために尊い犠牲となられたご英霊の御霊に、尊崇の念をもって慎んで哀悼の誠をささげます。

カテゴリー: 思索, 政務 | タグ: , , | 護国神社-春季大祭 はコメントを受け付けていません。

土佐神社-月次祭 と最近気になる物

世間一般では、4月1日はエイプリルフールの日として認知され、話題となり注目を集めたい企業や個人さんが、その身を削ってネタ作りにいそしむのが慣例となっているようです。

私にとっての今年の4月1日は、土佐神社月次祭へはじめての出席の日。あいにくのお天気ではありましたが桜の咲き誇る参道を横目に到着!入蜻蛉形式の土佐神社の拝殿にあがらせていただきました。

月次祭とは何するものかと言いますと、国家安泰と天皇の弥栄を祈念するものです。わずか30分ほどのお祀りです。興味のある方は月の1日9時45分頃に、土佐神社までお越しくださいませ。どなたでも参列することができます。

ここ2,3日は神社に縁のある日が続きます。明日(すでに今日)は護国神社の春季大祭に出席。明後日の朝も土佐神社で一仕事。ありがたいかぎりです。

DSC_0071

 

 

 

 

DSC_0072
 

 

 

 

 

さて、最近気になる話題についても触れたいと思います。
昨年あたりからよく耳にするようになりました、セルロースナノファイバーという素材についてご紹介します。植物から得られるこの素材は、CNF、BNFなどと呼ばれています。以下CNF。細かな解説は以下の動画を御覧ください(音あり)。

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=JQT7XfYP87w[/youtube]

鉄の1/5の軽さで5倍の強度、プラスチックよりも熱に強く、ガラスよりも曲げが効くって何かすごそうですね。
さらに私が胸踊らされる理由は、その原材料が木材(植物)から調達可能という点。
木材の建築材としての需要が減少しつつある今日、木材の新しい活用方法を見出せるかいなかは、地方の中山間・過疎地域にとって死活問題です。現在本県では、CLTや木質バイオマス発電などで(古くて)新しい木材の活用方法を確立しようとしていますが、まだパンチが足りないとの思いがしておりました。しかし、CNF実用化の暁には、山の衰退の問題が抜本的に解決されるのではないかと期待が膨らみますね。なんせ身の回りにあふれかえる化石燃料由来のプラスチックや金属の製品、これらがCNFに置き換え可能となれば、山にいったいどれだけの引き合いがあることか・・・環境にもやさしいはず。

実用化に向けて解決しなければならない課題もあります。定番ではありますが、量産化技術の確立、関連して生産コスト低減の課題を乗り越えなくてはならないようです。

高知県でも、本年度予算に紙産業技術センターに高性能機械導入のための予算を計上していたので、ひょっとしてCNF絡みかなと期待をしてしまいました。説明を聞いてみると高性能不織布製造装置導入のための予算ということで少し肩透かしを食らった気分。もちろん不織布も大切ですよ!

というわけで私の最近思いは、民間企業との連携の下、本県でCNF実用化に向けた取組みができないだろうか?というもの。静岡では県が相当力をいれて取組みをはじめていますが、これに追いつきたいですね。私も引き続きお仕事させていただけるようでしたら、本件について積極的に調査・提案を行っていきたいと考えております。

カテゴリー: 思索, 政務 | タグ: , , | 土佐神社-月次祭 と最近気になる物 はコメントを受け付けていません。

海上自衛隊艦船入港

昨日は海上自衛隊、護衛艦くらま、練習艦しらゆき、練習艦せとゆきが高知新港に入港するにあたり、歓迎セレモニーに出席をいたしました。夜は引き続き歓迎レセプションにも参加。

非常に慌ただしい時節ではありますがそれはそれ。日本の国土と国民の生命、財産を守ってくださっている自衛隊の方々が、呼びかけに応えてわざわざ高知に寄港するとなれば、敬意と感謝の気持ちを持って歓迎したく足を運んだ次第です。

今日は練習艦せとゆきの一般公開も行われるとのことですから、お時間の許す方はぜひ高知新港に足を運んで頂ければと思います。詳細は下記ページにて。
自衛隊高知地方協力本部

image



image



いろいろな方から記事は短くするようにとご指導受けておりますが、書けるとき、書きたくなる時の出会いというものも貴重であります。せっかくのことですから長文になることをご容赦頂ければと思います。

去る21日春分の日は単なる祝日ではなくお彼岸の日でもありました。
お彼岸とは先祖や亡き人を思い返し、感謝の念を捧げる日本の伝統的仏事ですね。私も旧吾北村は清水上分の郷里を訪ねて墓参りをしてきました。すっかり荒れ果ててしまった郷里の状況に、ご先祖様や祖父母に対して申し訳ないとの思いで一杯です。

その後、郷里を懐かしく思い友人の家を訪ねたところ、その家の前には心安らぐ景色がありました。右側に隣接して人家があります。撮影家の技量の問題か、きちんと趣を伝えることができないかもしれませんが、そこは読者の想像力で補完していただければ幸いです。この景色の中でに日本の心が育まれてきたように思います。我々が守るべきものです。


image

カテゴリー: 思索, 政務 | タグ: , | 海上自衛隊艦船入港 はコメントを受け付けていません。

総決起大会

西内たかずみ総決起大会を開催いたします。

「あなたと変える、高知が変わる。」のキャッチフレーズの下、これからの高知のために本当にしなければならないことを訴えさせて頂きます。お誘い合わせの上、ご来臨頂ければ幸いです。

日時:平成27年3月19日午後7時
場所:サンピアセリーズ

カテゴリー: 政務 | タグ: | 総決起大会 はコメントを受け付けていません。

練習艦しまゆき

昨日は練習艦しまゆきの入港セレモニー、歓迎レセプションに参加をいたしました。本日は16時まで見学を受け付けているそうです!ご興味あります方はぜひ 高知新港までお越しくださいませ。

聞くところによると、練習艦とはいえ一ヶ月で実戦投入できるように訓練を積んでいるとのこと。冷戦時代には、ロシアの潜水艦を追い払う役目を負っており、スクリュー音を消すための装置などが搭載されているそうです。


image



image

カテゴリー: 政務 | タグ: , , | 練習艦しまゆき はコメントを受け付けていません。

和の住まい推進リレーシンポジウム

津野町、酒蔵ホール「葉山の蔵」で開催されております「和の住まい推進リレーシンポジウム」に参加しています。

地域おこしで有名なセーラ・マリ・カミングスさん、高知在住手漉き和紙作家のロギール・アウテンボーガルトさん、釣りバカ日誌の主人公モデルの黒笹さん、NPO高知文化財研究所の溝渕さんをパネラーに迎え、さらには農林水産、国土交通、文科の講演をいただいて和の文化、住まいの素晴らしさについて勉強中です。

image

カテゴリー: 政務 | タグ: | 和の住まい推進リレーシンポジウム はコメントを受け付けていません。

雑感:昨年を振り返って

本来ならば昨年中に書いておくべき記事ですが筆不精だけあって今日までかかった次第です。
本サイトの読者の皆様、改めまして今年もよろしくお願い致します。

さて、昨年の印象的なできごとは何かと聞かれれば、集団的自衛権行使に関する内閣の解釈変更がまっさきに挙げられます。自衛隊が発足した日と同じ、7月1日に閣議決定されたと記憶しております。これについては過去に関連記事をあげましたので省略

つぎに本県を襲った集中豪雨。私の住まう一宮地域しなね川もあわや決壊直前まで水嵩が増しました。土佐山のがけ崩れなどの直接的被害だけでなく、観光、農業、漁業などの様々な分野において間接的経済的被害が生じました。とはいえ他県と比較すると被害は比較的小規模であり、その原因を探れば先人による公共投資の賜物であることがわかります。異常気象という言葉が使われすぎて、いったいどのあたりから異常なのかわからなくなってしまったこのごろですが、もし異常事態が起きているのであるとすれば、その原因が温暖化現象由来なのか、それとも実は間氷期から氷期に移行しつつあることに求められるのか、個人的には大変気になります。

次に水素化社会の到来。燃料電池の普及によって水素化社会が訪れるとは昨今の新聞・報道等でよく目にするところです。詳細については前に記事にしてありますのでそちらをご覧ください。あとは優秀な二次電池が開発されれば・・・

次に最新の住宅建築事情。これは世間一般のニュースというよりは個人的興味に属するお話です。とりあえず建てるというステージから、耐震性、さらにはリフォームなどと業界もいろいろと工夫を重ねてきました。最近では長期優良住宅、さらには省エネ、健康省エネとさらに変化を遂げました。省エネの流れを受けて、住宅の断熱性・気密性が高まりました。最新の住宅に行ってみると、冬場にもかかわらず廊下と今の温度がほとんど変わりないことに驚かされます。とあるモデルルームではたった一台のエアコンで一階全体の温度をコントロールしていました。一方で気密性の高さゆえの副作用もあって、建築途中で使われた接着剤や溶剤などに含まれる化学物質が住人に健康被害をもたらすということで社会問題にもなりました。現在はこの問題に対処するために室内換気システムを導入することとされています。この換気システムにも一工夫あって、室内の湿度や温度を一定に保つことのできるものもあるそうです。

次にSTAP細胞。一連の騒動を知らないものはいないでしょう。非常に注目度の高い分野においてこのような騒動が起きたことは大変残念でなりません。見方を変えれば、注目度が高いからこそこれほど騒動になったともいえるかもしれませんね。自分が大学院で研究していたころの経験からいうと、iPSはじめ関連研究はリスクが高いと見做されて、しばらくは後進の研究者が続かないかもしれません。世界に遅れをとるようなことになりませんように・・・

次に整備新幹線の試算。高知をはじめ四国に新幹線を引いた場合のコストは?採算とれるのか?そういったことについて検討が行われました。今のスケジュールのままですと実際に走り始めるのは40年先のようです・・・

ほかにもあったかもしれませんが、すぐに思いついたものを並べてみました。

 

最後に12月23日、天皇誕生日を祝う高知県民の会で行われたオ・ソンファ(呉善花 )先生の講演をご紹介したいと思います。彼女は日本に30年ほど滞在をしている大の親日家であり、その筋に詳しい人ならば著書もいくつか手に取られたこともあるでしょう。昨年には母国の韓国に親日的であるという理由で入国拒否されたことでも有名な方です。

話のテーマは日本と韓国の違いについて。私の感じた結論から言うと、なかなかわかりあえないということがよく理解できました。彼女によると、日本と韓国にまたがる昨今の歴史・領土問題については話し合いによって歩み寄りのできる点を探るべきだと声が日本の自称識者から寄せられるが、そのようなことは意味がないとのこと。その根本の原因は風土・歴史・文化とそれらによってはぐくまれた精神性に求められるのだという。

たとえば日本人が自然との調和を大切にし、そこからはぐくまれたワビ・サビ、もののあはれという感覚を持つ。

一方韓国人は、歴史上常に大国と隣接してきたこと、厳しい自然環境、儒教の強い影響等を受けて「恨(ハン)」の精神を持つのだという。

ハンとはwikiによると朝鮮文化における思考様式の一つで、感情的なしこりや、痛恨、悲哀、無常観をさす朝鮮語の概念とのこと。ハンが形成された背景には行き過ぎた上下関係とその関係を維持するための行き過ぎた儒教が存在している。こういったことから、韓国人は完全性、完全なる美しさにこだわるのだという。その典型が、韓国で蔓延する整形ブームにあらわれている。

日本との比較で言えば、秋の落葉を迎えた一本の木を前にして、日本人ならばものさみしさを感じ、はかなさやうつろいやすさに感動するところ、韓国人ならば縁起の悪いもの、汚いものとして忌避するのである。だからというべきか韓国では造花が大変好まれる。完全美でなくてはいけないのでる。

また、完全性を好む韓国人は、日本人にはとうてい受け入れがたい、理解しがたい気性を有する。それは自分たちの完全性がゆるぎないものであるために、自分たちには一切の非がない、あってはならないとする気性である。そのような彼らに都合の悪いことが降りかかれば、その原因はいついかなるときも外部、他者に求められるのである。

したがって韓国が日本に対して歴史的・領土的いちゃもんや、それに関する謝罪を要求する場合、彼らは心底自身の正しさを信じているし、たとえ間違いがあったとしてもそれを認めることは絶対にありえない。果たして、彼らと妥協点を見出すための交渉をすることにどれほどの意味があるだろうかと思わずにはいられない。彼らにとって外部に常に悪者がいることは都合が良く、その意味において日本は大変良い受け皿であり、またたとえどんな謝罪をしようとも未来永劫(万が一非があるとすれば)赦されることはないのである。

この彼らの性格と韓国のイ・ミョンバク大統領もたらされた事件は無関係ではない。彼らの求める完全性、完全なる美をそなえつつ、韓国人を導く存在こそが大統領でなくてはならない。韓国人にとって、かつてイ・ミョンバクはこのうえなく美しく清い聖女とも言える存在であった。その彼女の不倫情報を産経新聞韓国支局がすっぱ抜いたのだからこれを許すはずがない。自身の清らかさ否定するものが現れたならば、それは韓国社会の在り方から言って、彼女の政治生命に致命傷を与えるものとなる。だから彼女はいかなる手段を用いても産経新聞韓国支局を屈服させなければならなかった。

なるほど、今まで不可解であった韓国人の挙動について納得できるお話ばかりである。こういった韓国人論が世間一般に認知され、お互いにわかりあえないことがわかれば、二国間の様々な課題は、感傷論・感情論を抜きにして利害だけを基準にした純粋な外交交渉として処理することができるようになるかもしれない。

最後にオ・ソンファ先生はどのようにして親日的になりえたかというお話。彼女が言うのには、一般的な韓国人留学生は、滞在3年目にして、日本のことが理解できなくなり、母国に帰り日本を否定的な論調で語るようになるのだと言う。1年目は日本人の親切さ、街の清潔さなどたくさんの目新しい要素にすっかり魅せられる。2年、3年と日本語を解し、ある程度日本の文化に深く触れるようになったときに、母国の文化とのギャップに驚き悩まされる。たとえば日本人は、外部の人間から会社に電話がかかってきた場合、上司に対する問い合わせであっても、身内には決して尊敬語を使うことはない。「○○は不在です」しかし、徹底した儒教国家の韓国では、上司はや身内は絶対に敬うべき存在なのである。電話では「○○社長はいらっしゃいません」と対応することになる。ほかにも脱いだ靴をどのように揃えるかという点にも違いがある。日本人は脱いだ靴のかかと側を屋内に向けて揃え直すのがマナーである。韓国ではつま先を屋内に向けるのが一般的で、かかと側を屋内に向けて揃えるものがいるとすればそれは家人で、来訪者にできるだけ早く帰ってもらいたいことをほのめかすためのサインだ。多くの韓国人が日本でないがしろにされていると感じてしまうのである。我々も彼らのことを自身の文化の延長線上で計ることにより、わかったような気、わかりあえるような気になるが、そのぎゃくもまたしかりということである。韓国人もようは彼らの文化的尺度の延長線上において日本人の振る舞いを解釈してしまう。

オ・ソンファ先生も、3年目には日本を失意のうちに立ち去り、ヨーロッパに退避をする。しかし、もう一度日本を訪ねた際に、韓国内で培われた日本に対する常識、偏見ともいうべきものを完全に捨て去り、さらには自国の常識すらも持ち出すことなく、あるがままを理解するよう努めることとした。そうする中で、日本の自然・風土によってはぐくまれた文化や歴史、そこに育まれた日本人の精神性を理解し、愛するようになったとのことである。

彼女の使命は、母国の韓国人に正しい日本理解をしてもらうことと言っていた。大変ありがたい話であると思う反面、彼女の本が韓国で韓国語にて発売される日がいつか来るのだろうかと、悩ましい気持ちにもなる。

カテゴリー: 思索, 政務 | タグ: , , , , | 雑感:昨年を振り返って はコメントを受け付けていません。